読書ノート『芸人と影』ビートたけし

 ビートたけしの『芸人と影』を読んでみた。芸能人の不祥事とされる事件が相次ぎ、テレビでは頻繁に取り上げられているが、紹介文が、テレビの切り口とは相当異なるようなので、参考にしてみたいと思った。本気でそう思っているのかは、まったくわからないが、芸人は、立派な尊敬されるような存在ではない、昔からヤクザとのつながりは常識で、それは、自分自身もそう思うべきであるし、世間も芸人を思い違わないようにしてもらいたいという信条が出ている。だから、芸能人の不祥事について、要するに、世間の目も厳しすぎるし、当人たちも対応を誤っている。しかし、他方で、危ないひとたちとの付き合いに、無自覚であってはならず、一線を引く姿勢が大事だというわけだ。しかし、なかなか難しいという。反社会的人物がいる場に呼ばれて、食事をして、謝礼をもらった芸人が、お金をもらったことを当初隠して、傷口を広げたが、むしろ、本当にもらっていなかったら、その方が危ない。お金ももらわずに、出かけていくとしたら、それは友人であることの証拠なわけだという。
 ビートたけし自身が、どうやって切り抜けたかという体験談を書いているが、なるほどと思う。ある有力暴力団の親分から、何度も食事等の誘いを受け、断ってきたのだが、あまりに度重なるので、無下に断り続けることも難しいと、頭をひねった。その結果、すべてをおおっぴらにやればいいと思いつき、雑誌社に頼んで、大型対談を企画して、ビートたけしとその親分の対談を雑誌上で実現したのだそうだ。しかし、それだけではあまりにわざとらしいので、連続企画として、小泉首相や検事総長にも登場してもらったというのである。最近、なんでも隠し、隠蔽しようとする政治家に、見習ってほしいやり方だし、また、表沙汰にすると都合が悪いが、避けられないことを、適切に乗り切る方法として、多いに参考になる。
 ビートたけしという人は、マルチの才能を発揮している人で、息の長い活躍を続けている人として、やはり、相当な努力をしているのだということがわかる。また、相当な努力をしている人の状況を理解もしている。それがわかるのが、大河ドラマに古今亭志ん生の役で出たときの話が書かれている。ビートたけし自身が落語家としても活動しているが、役をもらったとき、志ん生の落語の録音をさんざん聴いたそうだ。志ん生の間のとり方に天才的なものを感じるという。この点については、息子の古今亭志ん朝が、父親に質問したときのことを、志ん朝自身が語っている映像がある。「なぜ、あんな風に間をおくのか」と聞いたわけである。志ん朝の落語は、スピーディな語り口が特徴で、間というより、勢いで聞かせると思う。志ん生は、間を置くと、聴衆が、次は何がおきるのか、とより注意力が喚起されて、こちらの話しを待つような状況が生まれるのだ、すると、次の話をずっと真剣に聞いてくれるのだ、というような回答だったと思う。しかし、あまりに間をあけすぎたら、だれてしまうだろう。その間の感覚がすばらしい、とビートたけしは評価する。
 自身、多数のヒット番組を制作し、その中心として活躍してきたが故の話も興味深かった。
 やらせ問題で非難された番組について、むしろ視聴者の勘違いを批判する。私も、テレビはほとんど演技の世界だと思っているので、やらせ批判はナンセンスだといつも思っているが、それが問題だと思っている人は、テレビのそうした番組をみるべきではない。熱湯に飛び込む番組では、熱湯に飛び込ませるはずがないのだし、あれは、熱湯をあびたときに、そうするかも知れないという「演技」を愉しむものなのだというわけだ。そういう意味では、あまりみたことはないが、本物らしく見せるひとと、いかにもわざとらしいひとの「芸」の違いがあり、それを見分ける楽しみでみる番組なのかも知れない。それでも、わざわざみる気持ちは、私にはないが。
 ずいぶん前の学生だが、テレビでアルバイトをしているひとがいた。そして、タレントが出るクイズ番組では、アルバイトの学生がリハーサルをやるのだそうだ。そして、誰がどう答えるかは、すべて台本として決まっていて、正解も間違い解答も、台本通りなのだと教えてくれたが、まあ、そんなものだろうと思っている。完全に素人が参加するクイズ番組は違うのだろうが。笑点なども、台本にそって話しているに過ぎないわけで、それを知っているのと知らないのとでは、番組の愉しみ方が違ってくるだろう。もちろん、台本にそっていると知っていても、いかにも、アドリブでやっているかのように演じている、その演技力を愉しめばいいわけだ。
 しかし、かなりのテレビ番組が、マンネリと他の番組のまねになっていることは、ビートたけしのいう通りだろう。ワイドショーはいわずもがな、ドラマにしても、他の形態にしても、似たような番組が氾濫しているが、このままだと、やはり、テレビは衰退していくだろう。最近の若者は、本当にテレビをみない。学生たちの会話を聞いていても、テレビの話題など、ほとんどない。
 最後に、スポーツに関する話題も納得できるものだった。高校野球で、サイン盗みが批判されたことがあったが、私には、当時から解せなかった。サインを盗むといっても、外野席から望遠鏡で除いて、それを無線でバッターに知らせるというようなことは、明らかに、スポーツのあり方としておかしいが、投手や捕手の動作をみて、それをバッターに知らせるというようなことは、技術の一つではないかと思う。2塁ランナーがキャッチャーの指のサインをみて、その手の格好をしてみせる、というのならば、キャッチーの側で、ごまかしのサインテクニックを使えばいい。また、手の格好をそのままやってみせるランナーも、もっと巧妙に伝えるなど、実はいろいろやっているに違いない。稚拙でばれてしまうから問題になったと思うが、少なくとも、道具を使わずに、相手の動作を感知して、今後の進行を予想することは、どんなスポーツでもやっていることだ。守る側だって、相手が打ってくるのか、バントをするのかは、すばやく、相手の状況から見分ける必要があるわけだ。その際、相手のコーチが出すサインを、じっとみるのは、当たり前だし、禁止のしようがないだろう。
 ビートたけしは、団塊の世代で、私もそうだ。だから、なんとなく、自然な共感できる部分がある。こういう言い方は不遜であるかも知れないが。というのは、団塊の世代というのは、いろいろと話題になるが、当人たちからすれば、かなり苦難の道を歩まされたという感覚がある。そして、他の世代にない特徴は、常に、何か年齢が新たな段階になると、史上初の、とか、史上最高の、というような形容詞で語られる現実にぶつかってきたのだ。小学校に入ると、とにかくすし詰め学級。今は30人学級の実現を、というような要求が掲げられるが、私たちのころの小学校、中学校は50人くらいいるのが普通だった。そういう小中学校を過ぎると、史上最悪の受験地獄に見舞われた。高校にいきたくても、定員が足りなくて行けないひとたちもいた。大学入学で同様のことが繰り返される。大学時代は大学紛争だ。そして、就職難、結婚難、とつづく。そして、就職すれば、企業戦士が多かった世代でもある。定年を迎えれば、当然世界にもまれな急速な高齢化社会の担い手である。高齢者ドライバーの事故とか、年金問題を深刻にさせている世代とか、まあ、いろいろと言われている。
 多くの団塊の世代のひとにとって、同じ思いだろうが、それまでの習慣、大人たちの考えかたなどに、そのまま従って生きていくわけにはいかないという、強い必要性を感じていたわけである。だから、破天荒な生き方をしたひと達も少なくない。おそらく、そのなかでもそうした破天荒さを最も典型的に示して、マルチタレントとして成功しているのが、ビートたけしなのではないか。だから、この書物には、ある意味「常識」とはかけ離れた主張がたくさんあるが、よく考えてみると、合理的なのである。

読書ノート『リベラリズムの終わり その限界と未来』萱野稔人

 題名は固そうな本だが、実に柔らかいというか、哲学の書物の割りには、どんどん読める本である。本の主題は、リベラリズムとは、他人に迷惑をかけなければ、そして個人の自発的な行為であれば、それを認めるという立場であるにもかかわらず、世のリベラリストが、切実な要求をする人がいるにもかかわらず、沈黙してしまうという例をだしつつ、まずは、リベラリズムの限界、矛盾を示す。
 まず、同性婚を合法と認める国が多くなり、アメリカの最高裁でも合法と認める判決が出た。その判決をみて、あるモルモン教徒が、一夫多妻制が合法であることを認めさせるために、二人目の妻(まだ正式に結婚が認められていない)との結婚を正式に認める申請のための訴訟を起こした。ところが、世の中のリベラリストたちは、同性婚のときとは異なって賛意を示さなかったという。この場合も、自発的な意志であり、他人に迷惑をかけているわけではないのだから、リベラリズムの立場からは容認すべきであるのに、そうなっていない。そして、同様な例として、知らずに惹かれあい、年の差結婚していたカップルが実は父娘であることが、わかり、近親婚の罪で有罪となったり、同様に、結婚後兄妹であることが分かって、実刑判決を受けた例についても、リベラリストは沈黙している。それは、矛盾ではないかと、萱野氏は主張するわけである。 “読書ノート『リベラリズムの終わり その限界と未来』萱野稔人” の続きを読む

女系天皇容認の自民幹部に対する産経の反論は(続き)

 前回書き忘れてしまったことがあるので、以下補充。
 二階幹事長が、男女平等という立場からすれば、結論は容易に出てくると述べたことでわかるように、自民党の幹部ですら、現在の男系男子の立場が、男女平等に反すると考えざるをえない。そして、産経の記事「危うい自民幹部の『女系』容認論 先人たちの知恵に学べ」11.30)は、この点についても反論している。それをみておこう。まず以下のように、基本認識を書いている。

 「皇室の問題と『男女平等』を絡めた時点で、すでに理解不足だ。『女系は不可』という言葉に引きずられ、女性に対して差別的と考えているのなら、むしろ逆である。」

 逆というのならば、女系容認論のほうが、男女差別的であるということになるが、そのことには全く触れていない。 “女系天皇容認の自民幹部に対する産経の反論は(続き)” の続きを読む

日本は本当に韓国より優れているのか もう少しバランス感覚が必要ではないか

 歴史上最悪の日韓関係と言われているが、多少の改善の兆しはあるものの、安心という雰囲気にはほど遠い。そして、韓国人の反日は、以前からのもとしても、それほど反韓ではなかった日本人のなかに、反韓感情か急速に高まっている。そして、報道は韓国の経済が悪化しているとか、文政権によって、韓国は崩壊の危機にあるとか、日本は安定しているのに、韓国は経済も政治を悪化しているという報道一色である。しかし、それは本当なのか。もちろん、多くの点で日本は韓国に勝っていることは確かだろう。しかし、韓国か勝っている点も少なくない。少なくとも、日本の電化製品は、既に20年も前に、国際市場では、韓国勢に押し退けられている。表現の自由のランク付けでは、日本は韓国の下位にある。
 考えねばならないのは、韓国と日本の状況を客観的に見ようという姿勢ではなく、日本が文句なく優れていると思い込んでいる日本人が多いことである。 “日本は本当に韓国より優れているのか もう少しバランス感覚が必要ではないか” の続きを読む

給特法改正案が成立 これで教師の過剰労働が解決するとは思えない

 教師の過剰労働の深刻さは、待ったなしである。というと、必ず「いや、まじめな教師は大変だが、教師はさぼろうと思えばかなり楽な仕事で、楽している教師もたくさんいる」という議論が出てくる。確かに、それは間違いではない。授業は毎年同じようにやれは、それほど準備をしなくても、なんとかこなせる。係などもできるだけ引き受けない。義務ではない仕事も引き受けない。そうすれば、楽な仕事だ。実際に、勤務終了時間になるとさっさと帰ってしまう教師もいる。また、生徒間のトラブルや保護者対応なども、真剣に取り組まないと決めこんで、関与しなければ、ストレスもたまらないに違いない。
 教師には超過勤務手当がないかわりに、超過勤務を命令できる項目は、「生徒の実習関連業務・学校行事関連業務・職員会議・災害等での緊急措置など」と定められており、厳密にいえば、これ以外は拒否できる。もちろん、部活の顧問なども断ることができるので、最近はなり手が減ってこまっているわけだ。
 楽をしようと思えばできることがわかる。しかし、多くの教師は教職に対する誇りと情熱をもって取り組んでいると思う。 “給特法改正案が成立 これで教師の過剰労働が解決するとは思えない” の続きを読む

指揮者マリス・ヤンソンス死去

 指揮者のマリス・ヤンソンス氏が亡くなったという。まだ76歳ということなので、指揮者としては、まだまだこれから絶対的巨匠の道を歩むのだと思っていたので、ショックを受けた。私は、ヤンソンスの演奏をそれほど多く聴いているわけではないし、特別なファンでもないのだが、なんといっても、世界の代表的な指揮者であるし、日本にも何度も来ている。
 私が一番熱心に視聴したヤンソンスの映像は、若手指揮者に対する公開レッスンだ。短いレッスン風景の映像は、たくさんあり、小沢征爾などのもあるが、ヤンソンスのは、長時間の、文字通り公開レッスンそのものを映像化する目的で撮影されたようなもので、確か、舞台裏のレッスンを受けるひとたちの動向なども、たくさん写していた記憶がある。
 指揮の公開レッスンというのは、見ていて非常に面白い。そもそも、指揮を教えるってどういうことなのだろうか、と考えてしまうものが多い。 “指揮者マリス・ヤンソンス死去” の続きを読む

女系天皇容認の自民幹部に対する産経の反論

 この問題については何度か書いたので、躊躇したが、自民党の幹部が女系天皇を容認する発言をしたこと、自民党内で波紋があったこと、そして、産経新聞が容認論への批判(「危うい自民幹部の『女系』容認論 先人たちの知恵に学べ」11.30)を掲載したことで、再度書いてみることにした。
 男系男子死守論者という言い方があるかどうかわからないが、そう名付けたくなるひとたちの議論の荒唐無稽さと、それを臆面もなく書く神経には、むしろ感心してしまう。要は、女系論は、皇室のあり方に対するまったくの理解不足によるものであり、父系で継続してきたことが、かけがえのないことなのだという趣旨につきるといっていいだろう。
 しかし、それを裏付ける議論は、本気なのかと思ってしまう部分がある。例えば、次のような文章だ。

 「令和元年は皇紀2679年だ。その間、居住面積が狭小な島国で暮らしてきたわれわれ日本人は、先祖をたどれば必ず、どこかで天皇家の血と混ざり合っている-と考えるのが自然だろう。 “女系天皇容認の自民幹部に対する産経の反論” の続きを読む

高校野球の投球数問題

 高野連が、大会中、1週間の投球数を500級に制限するという方針を打ち出し、波紋を呼んでいる。例によって張本氏は、たくさん投げることで肩を作っていくのだから、そんな制限をしたら、完投できる投手が育たないと反対している。また別の観点から、桑田氏は、制限はするべきだが、小手先の方法になっていると批判している。個人差はあるが、投げすぎが肩に過度の負担を与え、投手生命にマイナスであることは、経験的に明らかだろう。先日、youtubeで快速球投手の回顧ビデオをみたが、尾崎が投げすぎで早く引退したことを思い出した。
 野球というスポーツは、サッカーやラグビーなどの集団競技と、全く違う点がある。それは、サッカーやラグビーはほとんどの選手が、大きな身体的負担を負いながらプレーをしているのに対して、野球は、投手だけが過度の負担を強いられる。他の選手は、試合中は、それほどの肉体的酷使はない。また、滑り込みなど以外では、危険なこともほとんどない。このことによって、試合の間隔が大きく違っている。プロの場合、サッカーやラグビーは、試合の間隔を大きく開けるが、野球は、ほぼ毎日行う。前者は、ベストメンバーを組めば、ほぼ同じメンバーで闘うことが多いと思うが、野球の場合は、野手は同じだが、投手は毎試合違う。つまり、投手は多く揃える必要があるわけである。 “高校野球の投球数問題” の続きを読む

ナチスの政策とヒトラー・ユーゲント2

 ヒトラー・ユーゲントのドキュメントの後編を見た。これまで、戦争末期のヒトラーユーゲントの活動については、あまり知らなかったので、非常に有益だった。それにしても、ずいぶんフィルムが残されているものだ。お互いに宣伝戦の要素が強かったので、双方が可能な限り戦場カメラマンを配置していたのだろう。
 ヒトラー・ユーゲントのメンバーは、現在の中高生の年齢だが、戦況が悪化すると、どんどん実際の戦場に投入されていった。最初は、対空防衛への配置だというので、ドイツが空襲されるようになったときだろう。空襲されるということは、制空権を奪われているから、実際には敗戦濃厚ということになる。しかし、駆り出されたヒトラー・ユーゲントたちは、実際の戦闘に参加できるので、多いに喜び勇んで闘いに出ていったし、また、実際に飛行機を撃墜することもあったという。そして、勲章を受けた。そうした戦闘員のなかに、戦後ローマ法王になったベネディクト16世もいた。ベネディクト16世が法王になったときに、さかんにナチスとの関係が取り沙汰されたが、ヒトラー・ユーゲントのメンバーとして戦闘に参加していたということだ。
 既に勝利は望めない状況になっていたが、若者への洗脳のためだろうか、大人の兵隊が状況を説明しても、ドイツが負けるはずがないと思い込んでいた者がほとんどだった。しかし、さすがに悲惨な状況が頻発するようになり、それを目の当たりにするようになっていく。 “ナチスの政策とヒトラー・ユーゲント2” の続きを読む

ナチスの政策とヒトラーユーゲント

 録画しておいた「ヒトラーユーゲント」に関するドキュメンタリー番組を見た。まだ前編だけだが、ダイアモンド・オンラインに、村田孔明氏が、舛添要一氏の『ヒトラーの招待』の紹介をしつつ、舛添氏への取材記事を書いている。偶然だが、ヒトラーに対する関心の高まりを感じる。私自身、博士論文のごく一部として、ナチスの教育政策とヒトラーユーゲントについて、研究したことがある。おそらく、ヒトラーユーゲントは、ナチスの政策が、最も成功した領域だったといえる。もちろん悪い意味での成功だが。https://diamond.jp/articles/-/221931
 ドキュメンタリー番組は、ヒトラーユーゲントで活動していたひとたちが、インタビューに応じる形で進行する。とにかく、徹底的に、ナチスの考えを吹き込まれる一方、活動を通して、確かに喜びを与えていた。特に、大戦が始まる前の段階では、ほとんどの少年たちが、疑問ももたずに、ヒトラーユーゲントの活動にのめり込んでいた。19世紀末ころから、ヨーロッパでは、青年運動が活発になり、ボーイスカウトやワンダーフォーゲルなどの青年組織と活動が盛んに行われていた。ナチスも、そうしたひとつとして、かなり早くからヒトラーユーゲントを組織し、当初は極めて少ない人数だったが、ナチスが政権をとってからは、参加が義務になる。
 おかしさで印象的なインタビューがあった。その人はユダヤ人であることを隠して、ヒトラーユーゲントに参加していた。ユダヤ人であることがわかれば、当然強制収容所に送り込まれて、子どもは殺されてしまう。 “ナチスの政策とヒトラーユーゲント” の続きを読む